※与信管理のお役立ち資料「企業分析ハンドブック」

下記よりダウンロードいただけます。(全28ページ)


 

 

<企業の重要なリスクマネジメント「与信管理」に課題はございませんか?>

・企業の評価の仕方がわからない。

・取引先に関する信用情報のデータが社内に無く、どこから入手すればいいのかわからない。

・取引リスクに関する評価方法がバラバラで、ルール化できていない。

・ひとつの部署に管理を任せてしまい、社内間の情報の取り寄せに時間がかかる。

企業分析ハンドブックでは「与信管理」をするうえで大切な2本柱である、

取引先の評価方法と管理体制づくりについて解説しています。

 

①取引先の評価方法

本資料では、企業評価や倒産確率の分析に役立つ主要コンテンツからそれぞれのレポートの見方について解説。またM&Aに特化した情報やスタートアップ企業に特化した情報など、さまざまな業務目的でご活用いただけるコンテンツもご紹介しています。

 

②与信管理の体制づくり

評価・格付について、人や部署によって評価基準が異なっていると、正しい判断ができにくくなります。そこで本資料では各コンテンツの評価・格付を利用した客観的な評価方法や与信管理の体制づくりについて説明しています。

 

【ポストコロナの倒産動向と与信管理】

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により経済活動が急激な減速を余儀なくされた一方で、コロナ前よりも倒産件数は減少しました。倒産件数が減少した理由など近年の倒産動向を分析し、今後の与信リスクの動向や今後求められる与信管理について解説をしています。

 

 

ご覧いただける内容(全28ページ)

 

 

※与信管理のお役立ち資料「企業分析ハンドブック」は

下記よりダウンロードいただけます。

_______________________________________

 

 

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

※入力された内容はSSL暗号化により保護されます。ご記入いただいた個人情報は、日本経済新聞社が適切に管理し、日経テレコンの資料発送をはじめとするサービスご案内のために用います。また、関連するイベント・キャンペーン等のご案内をさせていただく場合がございますが、他の目的では使用いたしません。

個人情報ポリシーはこちら